ミッション_オーバーホール

9月初め頃より関東のクワッドドライブさんでミッション(AT)のオーバーホールを行いまして、先月23日に無事に退院しました。

そもそものトラブルですが以下の症状がありました。
 ①減速時(停車する直前)にエンジン回転数がハンチング(エンストしそうになる)。
 ②4~5速で定速走行していると1500~2000rpmでエンジンからブレ(振動)。 でした。
この2点のトラブルが同一箇所によるものか、別々の要因なのか・・・クワッドさんで故障診断してもらった結果
AT内に水が混入しクラッチが滑り気味になっているとのことでした。
 ・エンスト気味になるのは2→1速(N)でクラッチが切れ難くなくてなって発生
 ・エンジンのブレ(振動)はクラッチが滑り気味になっていたことでジャダーが発生

水混入の元凶ですが、エアコンのドレン口がミッションの真上にあり、ドレン水が筐体を伝ってフィラーパイプの差込口より入ってた様です。
※フロントのタワーバーを付けた時にこのパイプと干渉していたので、それがトリガーになった可能性もあります。
a0091250_21424071.jpg

 右上に伸びている黒いパイプがフィラーパイプです。エンジンルームでも先端が見えると思います。
a0091250_214253100.jpg

a0091250_21433132.jpg

 ミッション本体の真上にドレン口があるので水が伝った形跡が見えますね・・・
a0091250_214413100.jpg

ちなみにパイプ差込部にはシーリングされてて一応対策はされてるのですが、シールが劣化していた様です。
a0091250_1912260.jpg

今回の修理では、ミッションのオーバーホール(オイルクーラー交換含む)に加え、シール強化及びドレン口の延長も処置もして頂きました。
☆修理後の帰り道・・・600㎞の道のりも全快で帰って来れました♪emoticon-0105-wink.gif
[PR]
by tetsuo_24 | 2010-11-01 19:00 | 300Cツーリング


<< 新型300C!? 2011Model Dodg... >>